• Support Hours: Mon-Fri 9am-6pm EST
    Email: support@thalmic.com

  • Myoコネクトのキーボード・マッパーの使い方

    キーボード・マッパーを使用することで、最大5つまでのジェスチャーをキーボードやマウスに割り当てることが出来ます。さらに、様々なアプリケーションで利用するコネクターとしてカスタマイズした設定を出力出来ます。

    キーボード・マッパーを起動している時は、パソコン上で使用している全てのアプリケーションを同じジェスチャーでコントロール出来ます。どのようなアプリケーションでもキーボード・マッパーで設定したジェスチャーでのコントロールになります。キーボード・マッパーを起動している間は、他の操作方法は使用出来ません。

     

    1.開始するには、Myoコネクトメニューからキーボード・マッパーを選択してください。

       

    Myoのキーボード・マッパーでは一つ一つのジェスチャーに好きなコマンドを割り当てることができます。

     

    2.ジェスチャーの下にあるプルダウンメニューから、そのジェスチャーに割り当てるコマンドを選択してください。

     

    キーの設定:キーボードの任意のキー、またはShiftキー、Altキー、Ctrlキー、commandキー(Macの場合のみ)を含めたキーの組み合わせをジャスチャーに設定してください。

    例:Shiftキー+w またはCtrlキー+Altキー+Escキー

     

    ジェスチャーをしながら割り当てたいキー、またはキーの組み合わせを押してください。登録時にキー(組み合わせ可)を1回押す(タップ)か、長押し(ホールド)を設定することが出来ます。

    別のキー、またはキーの組み合わせを選択する場合にはクリアボタンを押してください。

     

    登録した内容でよろしければ保存ボタンをクリックしてください。

    マウスクリックの設定:左ボタン、右ボタン、または真ん中のホイールボタンをジェスチャーに設定してください。

     

    ジェスチャーをしながら設定したいマウスのボタンを押してください。登録時に1回押す(タップ)か、長押し(ホールド)を設定することが出来ます。マウスの別のボタンを選択する場合にはクリアボタンを押してください。

    登録した内容でよろしければ保存ボタンをクリックしてください。

     

    時間制限解除(2秒):割り当てられたジェスチャーがMyoのコントロールのロックを解除します。ロック解除後2秒間ジェスチャーが行われなかった(または腕を下した)場合に、Myoは誤入力を防ぐために自動的にロックします。

    解除方法として、ほとんどのアプリケーションやコネクターは、ダブルタップ・ジェスチャーを使用しますが、お好きなジャスチャーをお選びいただけます。

    トグル解除:ジェスチャーでロックを解除した後、再度ジェスチャーを行うまではMyoはロック解除のままになります。

    トグルマウス:ジェスチャーでマウスの操作が出来ます。再度ジェスチャーを行うことでマウスがロックされます。

    トグル解除とマウス。こちらのコマンドの組み合わせでMyoのコントロールと同時にマウスが解除されます。再びジェスチャーを行うことでマウスとMyo両方がロックされます。

    3.設定が完了したらキーボード・マッパーを有効にするために、Activateボタンをクリックしてください。

    ご注意:キーボード・マッパーをご利用の際は、アプリケーション・マネージャーの他のコネクターはお使いいただけません。

     

    他の機能を使用したい場合は、キーボードマッパーを開き、終了させてください。